富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
from unimpeachable source of story
d0142121_1742841.jpg



北海道に移住して、最初のワークショップは、富良野市立図書館でのストーリーテリングだった。
非常に強い印象を残すものがいくつかあったが、記録は取っていなかったのがもったいなかった。
しかし、もう保存されていないだろうと思っていたソレが、最近ぼくの手に渡ってきた。

燃え尽きる筈だったTさんの世界には、これを心配したグループワークのパートナーによって
思いがけない慈雨がもたらされ、この小さな虫の小さな物語の中で、火と水の、
対立物の合一が果たされる。
人間の想像力の裡で成し得ることは、現実の世界でも実現するという証である。

2013年がそういう年になりますように。


d0142121_17422693.jpg



(写真は、12月17日北海道新聞の記事より、市立釧路図書館でのWSの模様)
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-25 23:04 | community arts
storytelling:direct experience and sharing of personal images
d0142121_21331518.jpg

d0142121_2133976.jpg



展覧会のお知らせ

「ストーリーテリング:内的・主観的イメージの直接体験とその共有」

北海道立釧路芸術館フリーアートルーム
明日17:00までです。


搬出後は、参加者のみなさんと打ち上げ。楽しみ。
翌日は朝から仕事、そして夕方から来客。
仕事の準備もしていないし、部屋も片付けてない。
クリスマス過ぎまでは休む間もなし、かな。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-20 21:38 | community arts
gathering new born storytellers!
d0142121_22132190.jpg




釧路では初の,ストーリーテリングのワークショップ。
第3回目の最終日が終わり,全日程が終了しました。


今回は,とってもいいヴァイブで,最高に楽しかったです。
参加者のみなさん,最高でした。
来年は合宿か??? という呼び声も。


草臥れたけど,本当にやってよかったと思える最終回でした。
参加者のみなさん,サポートしてくださった皆さん,ありがとうございました!


ストーリーテリングに関する展示は,今回が初めてです。
これまで100人を超えるストーリーテラーを産み出してきたこのワーク。

参加者自身の創造体験のために行ってきましたが,
ぼくの中にも相当なイメージの蓄積があることに,今回は気づきました。
次回は,そんなイメージの宇宙を,ぼくの作品として表出してみよう,と思いました。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-19 22:19 | community arts
on air (limited)


今日、11:50~NHK総合テレビ(根室・釧路エリア)で、
ストーリーテリングのワークショップのお知らせをして下さるそうです。

エリア内の方(ぼくの友人はほぼ全員エリア外・笑)は、
これを聴いて是非あと2回のワークショップにご参加ください!
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-14 10:20 | community arts
draw a circle
d0142121_19174042.jpg


昨日、富良野に行って来た。
2年ぶりの山部小学校。

みんな大きくなったけど、あまり変わらないような気もした。

岩見沢の教え子4人の絵本は、どれも原案からよく練られて、
充実したストーリーに成長していた。
こうして生まれたてのお話を聴いてもらって、
とてもいい時間を過ごすことができた。



帰りは、乗換駅で反対方面に乗ってしまい、
とんでもない時間を食って、でもなんとか帰り着けた。
駅員さん、もう一言の案内が足りないよ。
同じホームに反対方向の列車が来るって、これ北海道の常識?


今日は釧路で2日間のワークショップの1日目。
熱心な参加者を得て、これまたいい時間を過ごせた。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-12 19:17 | pika's mounrtain
hope
it often comes unannounced,



and thankfully intoxicates us



and inoculates our feelings



with an irrational sense



of joy and optimism.



d0142121_042911.jpg


写真は、沖縄はコザにあるskskで開催中のdraw1展より、
富田俊明、「Avraham Shapiraとの対話のドローイング」、
                       Kibbutz Yizreel、イスラエル、2010年


たまたまそこにあった、という感じのチラシの紙。
彼が色にまでこだわったかどうかは分からないが、そうかもしれない、という気もする。

裏面にはヘブライ語がポツンとプリントされていて、それがまた美しく、
商業的なチラシの切れ端という感じがしない。

この美しい黄緑色や青緑色は、大地を覆い尽くしていた沙漠の春を思い起こさせる。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-07 23:43 | dairy
m-breeze
お知らせです。

今日,15:00~
FMくしろ m-breezeにて,
ストーリーテリングのワークショップについてのインタビューが流れます。
キャッチできる人は限られてますが,よろしくお願いします。



今日の釧路は,嵐です。
朝は一面真っ白でしたが,全部雨に流されました。
雪かきはせずにすんだけど,すごい風。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-06 14:47 | dairy
a great man once said...



A great man once said,



"If a little dreaming
is dangerous,


the cure for it
is not to dream less...


but to dream more."
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-02 23:48 | dreamings
don't square my moon!
お堅い人は御免だ。
self righteousness の匂いがプンプンする。
四角い、鯖色のスーツたち。

知り得ないものを測ろうとするな。
長さの足りない物差しでモノを言うな。

言い訳がましいのも御免だ。
2回以上、「私は描けないから」と言ったら、
これはもう招かれざる客。退場すべき。

割れた太鼓は叩き甲斐がないし、
干涸びた絵の具チューブは絞っても何も出てこない。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-12-01 23:50


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧