富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
in the woods
d0142121_136183.jpg


d0142121_1361455.jpg


d0142121_1362869.jpg





釧路湿原、蛍。
さっき市内の自宅に戻った。

蛍を追いかけた幼い頃の母の話がしきりと思い出された。

蛍の時間。

今夜、広大な湿原は、微かな光が明滅する星空のようになっている。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-23 01:42 | dairy
its time to say good bye!
携帯がついに電源が入らなくなってしまいました。
しばらく、携帯つながりません。
あ〜不便、と思いきや、これはこれで静かでよい。

沖縄を明日出発し、しばらく東京に滞在。
最初にすることは、携帯を変えること!
iPhoneにしようかな〜。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-16 09:05 | dairy
sweet things
d0142121_0412272.jpg

d0142121_041394.jpg


蜜蝋手に入れました。

マガビさん、いろいろ教えて下さってありがとう。
石垣さん、紹介していただいて、連れて行っていただいてありがとう。

加工してみると、これまでのどの蜜蝋とも違っていて、不思議でした。
かなり高温で湯煎しても柔らかくならないのはどうしてなのかなと。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-16 00:44 | dairy
Ash and Cheeks in Okinawa
d0142121_0303954.jpg


d0142121_0305094.jpg



お知らせが遅くなりましたが、
日曜、月曜と、展示とイベントをします。
上村豊さんの旧・若松薬品です。

明日は夕方7時から晩餐イベントも行います。
料理は平良亜弥さんです。

よろしくお願いします。

ナゾナゾ:チラシの絵のモデルは誰でしょう?
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-16 00:34 | dairy
people's kitchen
d0142121_024983.jpg

d0142121_0242969.jpg

d0142121_0251162.jpg


今日も暑かった〜。
上村豊さんの旧・若松薬品での『灰と頬』の公開制作(展示+イベント)の初日でした。

丸一日、明日の晩餐イベントのために仕込みをやってくれた
平良亜弥さん、のりこさん、ありがとう!
明日もよろしくお願いしま〜す。

たくさんの方のお世話になってます。
ありがとう。

今日は思いがけずの晩餐会。
ささっと美味しいものを作ってくれて。
みんなで食べるとさらに美味しいね。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-16 00:29 | dairy
sweet things
d0142121_091297.jpg


d0142121_06358.jpg



先日、石垣さんと寄ったベーグル屋さん。
とっても良い空間で居心地よかったな。
手作りの本格的なベーグル、口の中が痛くなりますね、って石垣さん、確かに。
お腹だけじゃなく、満足できるカフェでした。

d0142121_07568.jpg



今日のお昼のおやつ。
ドラゴンフルーツ。
味は見かけよりずっとおとなしい。
目で食べる感じ。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-16 00:20 | dairy
to live for
あと4日。

でも1ヶ月もいるような気がしてる。

数日前のことが数週間前のことのように感じられる。

昨日は会場セッティングの1日目。
ぼんやりとしたアイディアが形になる瞬間はちゃんと来る。
いつも不安で焦っているところへ、こういう実感をしみ込ませたい。

いろんな人と会って、たくさん話をした。
それぞれの経験から、必要な何かを<発明>しようとしている。
(<発明>って、遠藤さんが使っていた言葉)
視野が広がって、それぞれが試みていることが見えてきたら、
ぼくだけがそう焦る必要ない、
むしろもっと自分の担っていることを少しでもやっていこう。

この後、しばらく東京で過ごして、いったん北へ戻る。
戻ったら、カヤックを持ち出して、静かな水上で一人流されよう、と今朝決める。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-13 09:47 | dairy
giving birth to 14 storytellers.
国頭村での集中ワーク(通称ブートキャンプ)から帰ってきた。
みんなよくやったし、集中力があった。
食事の準備や空いた時間、仲間とジャレている時間のどこかで、
これから語ろうとするストーリーのことを考えつづけているのが、ぼくにはよく見えていた。

そうして語られたストーリーはひとつひとつ語り手の、何か本質的な一面をあらわし、
ストーリーテリングを通してあらわれてくるその人に出会うことには喜びと、
そして根源的な孤独がある。

今回は、「しないこと」をワークに組み込むことで、
さらに日常の自動的な反応から距離を置くこともできた。

ぼく自身にも、発見と驚きがあり、そのことについて今も考えている。

ストーリーの終わりに確認される語り手と聴き手の人間としての関係と、
ストーリーが終わっても動き続けるイメージの流れ。
客観的なパースペクティブ優位の世界の中で、
主観的なパースペクティブをどう意識化しdiscussableなものに鍛えていけるのか。。。


インスタレーションは空間にモノを配置することで何かをつくるわけだが、
今回は2日間の時間にどういうワークを配置するかでワーク全体を構成している。
その場の状況や人のコンディションをみながら、即興的に改変しながら。
最近、展覧会のかわりにリトリートの形式で
なにかパワフルな経験がつくれないかと考えていたのだが、
もうそれはここでやってるし、これまでもやってきたではないか、と気づいた。


深いコミットメントをくれた学生14人にも感謝したいが、
こうした機会をつくってくれた上村豊さんにも感謝したい。



その後、壺屋のKiyoko Sakata Studioで開かれていた
Compassのオープニングに顔を出す。

盛会でした。思いがけない人に出会ったりして
(むこうもこっちを思いがけないと思っただろうが)、
沖縄は人の行き来があっていいな、と思った。

Compassでは、ウェブ上でもオープニングでも、
明日の沖縄県立芸大での講演や
週末の旧・若松薬品(上村豊スタジオ)での展示・イベントも紹介していただいていて
ありがたかった。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-09 10:24 | dairy
an idea to offer sacrifices to it.
d0142121_9243665.jpg




昨日は一日描いてました。
モデルになってくれた石垣さん、本当にありがとう!

今日は再びskskで、ドローイングを元に銅版画をつくります。

もっと毎日描こう! 
そう思いました。

15、16日の展示・公開制作・イベントのアイディアも今朝湧いて来た。
昨晩話に付き合ってくれた平良さん、上村さんに感謝です。

ああ良かった。なんとかなりそう。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-05 09:33 | dairy
how many times...
d0142121_9121752.jpg


前回のフライトでは、とっても具合が悪くなってしまったが、
今回はとても体調がよかった。
(どんな爺さんだ)
なんか気持ちも落ち着いてる。

羽田ー那覇間は、さらに空いていて、のんびりしていたのもよかった。
フライトアテンダントのお姐さんたちが人懐こく話しかけてくれるのも、しつこすぎなくてちょうどよかった。

そしてこの熱風。この強光。

2週間の滞在だけど毎日盛りだくさんで、もう開き直っちゃったから、落ち着いちゃってるのかな。
そうかもしれない、と思っている。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-07-05 09:21 | dairy


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧