富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
In this shore of the world
イベントのお知らせ。

3月17日(土),18日(日)

管啓次郎さんを迎えて
谷地の夜の朗読会+ミニ・シンポジウム


関連展覧会を企画しました。
タイトルはまだない。
ぼくは,未発表の小さな作品を出そうかなと思っている。
ぼくにはこれが釧路での初の発表になるかな。

富田俊明、中村絵美、秋元さなえ他による展示を、ジス・イズ2Fのアートスペースにて行います。それぞれの移動をつづけながら、北海道の地に独自の角度で関わる5人の表現をご覧ください。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-02-23 21:20 | mount Akan
Rema, rema, rema...
潮の変わりめを感じる時ってある。

新しい出会いへと運ばれる。気づいたらもう、旧い岸辺を離れている。

Across the River and into the Trees
河を渡って木立の中へ

戦いの河を渡りきったら、木立の蔭で休もう

漕げ、漕げ、漕げ...
[PR]
by izuminohanashi | 2012-02-21 18:58 | dairy
living sculpture
d0142121_15214877.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2012-02-07 15:22 | dairy
Exploration and Unlearning
I am going to give a talk and a workshop on grass-roots culture and community arts, in Hokkaido Univesity tomorrow.
While preparing slide show I found this;

"One of the most effective ways of exposing the true nature of any public sphere is when it is interrupted, in a kind of alienation effect, by children. Whether one imagine that troops of them storm the foyer of luxury hotel, occupy public spheres and buildings with a view of getting on with their specific activities, whether they shape the profile of public political assemblies, whether owing to security lapse they enter a television studio in large numbers during a live broadcast - in every case the reified charactor of each context, its rigidity, and the fact that the public sphere is always that of adults, immediately become apparent."
Osker Negt & Alexander Kluge: Public Sphere and Experience, 1972.

This quotation is from The Blackbird poster which is a part of the television series Exploration and Unlearning by tv-tv in Copenhagen 2005.
[PR]
by izuminohanashi | 2012-02-04 01:30 | community arts


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧