富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
flora & fauna mural
d0142121_18255211.jpg
帰ってきたtantoで,富良野に行ってきました。
flora & fauna muralのワークショップです。
25名もの市民の方が集まってくださいました。
前回のストーリーテリングのワークショップに来てくださった方達の顔も。

朝は,地元の写真家の石黒さんが,富良野の自然と生き物の,
すばらしい写真をスライドショウで見せてくださって,
あらためて富良野ってきれいなところだなあと感心しました。

10メートルのローキャンは,余白だらけでスカスカになるかと心配してましたが,
中央に巨大なザリガニを描いてくれた男の子をはじめ,みんな元気よく描いてくれたので,
あっという間に画面は富良野の動植物でいっぱいになっていきました。




sierra maestraのtibiri tabaraを聴きながらのドライブは楽しかった。
たかみさんが昔連れて行ってくれた吉祥寺の中古レコード店で勧めてくれたもの。
ぼくはfelipe blancoがお気に入り。
[PR]
by izuminohanashi | 2011-03-30 18:37 | community arts
Though times shall change and stormy ages roll,
The Flaming Terrapin

by ROY CAMPBELL
written in 1930

How often have I lost this fervent mood,

And gone down dingy thoroughfares to brood

On evils like my own from day to day:

"Life is a dusty corridor," I say,

"Shut at both ends." But far across the plain,

Old Ocean growls and tosses his grey mane,

Pawing the rocks in all his old unrest

Or lifting lazily on some white crest

His pale foam-feathers for the moon to burn -

Then to my veins I feel new sap return,

Strength tightens up my sinews long grown dull,

And in the old charred crater of the skull

Light strikes the slow somnambulistic mind

And sweeps her forth to ride the rushing wind,

And stamping on the hill-tops high in air,

To shake the golden bonfire of her hair.

This sudden strength that catches up men's souls

And rears them up like giants in the sky,

Giving them fins where the dark ocean rolls,

And wings of eagles when the whirlwinds fly,

Stand visible to me in its true self

(No spiritual essence or wing'd elf

Like Ariel on the empty winds to spin).

I see him as a mighty Terrapin,

Rafting whole islands on his stormy back,

Built of strong metals molten from the black

Roots of the inmost earth....



The Ark is launched; cupped by the streaming breeze,

The stiff sails tug the long reluctant keel,

And Noah, spattered by the rising seas,

Stands with his great fist fastened to the wheel.

Like driven clouds, the waves went rustling by,

Feathered and fanned across their liquid sky,

And, like those waves, the clouds in silver bars

Creamed on the scattered shingle of the stars.

All night he watched black water coil and burn,

And the white wake of phosphorus astern

Lit up the sails and made the lanterns dim,

Until it seemed the whole sea burned for him...

The Flaming Terrapin, his labours done,

Humped like a cloud o'er mountain, crag and field

Rose on the skyline. The far-shooting sun

Splintered its arrows on his fiery shield,

From whose bright dome in sudden ricochets

Recoiling flashed the long reflected rays:

While, rolling his red eyes, a double moon

That lit the hillsides with a second noon,

He sank to rest. His golden ridges, tiered

Above the foam, now slowly disappeared:

And as clouds roll immense and globed and still

To burst in thunder round a lonely hill,

The slow foam gathered round him: o'er his wild

Mountainous outline, ponderously piled,

It hung one moment, poised in grim suspense,

And then swamped crashing down, and from its dense

Vortex of thunder, with a gradual sweep

Rolled forth in groaning circles on the deep....



Though the dark sky has gathered stormy numbers

Of vultures to be snowed upon my corpse;

Though the weak arc of Heaven warps

Beneath the darkness that encumbers

The night beyond; though we believe the end

Is but the end, and that the torn flesh crumbles

And the fierce soul, rent from its temple, tumbles

Into the gloom where empty winds contend,

In gnat-like vortex droning - what is this

That makes us stamp upon the mountain-tops,

So fearless at the brink of the abyss,

Where into space the sharp rock-rampart drops

And bleak winds hiss?

It is the silent chanting of the soul:

"Though times shall change and stormy ages roll,

I am that ancient hunter of the plains

That raked the shaggy flitches of the Bison:

Pass world: I am the dreamer that remains,

The Man, clear-cut against the last horizon!"
[PR]
by izuminohanashi | 2011-03-24 23:23 | dairy
I am the dreamer that remains;
夜空のオリオンのように、いつもそこにいると思っていた人が、いなくなってしまいました。
先日病床から電話を頂いた時は、また話せると思っていたのに…。

今日ここにいるぼくに、何か光るものがあるとすれば、
その多くは、この人から分け与えられたものでした。
生きている限り、懐かしむことでしょう。本当に、星のような人でした。

10年も前にこの人に教示されていらい愛読書となった本の、冒頭に掲げられた詩を捧げよう。



  現し世(うつしよ)を過ぎ去らしめよ!
  我こそは取り残されし夢見びと
  最後(いやはて)の地平線を背(そびら)にし
  くろぐろと立つ者なれ。


  Pass world!: I am the dreamer that remains;
  The man clear cut against the last horizon.

  ROY CAMPBELL




彼のためにと思ったのに、「取り残された…」というのはぼくのことではないか
時というのは不思議なもので、押し流された風景が重なってきてしまう
世の無常をこえて立っている何者かに、手を伸ばす
[PR]
by izuminohanashi | 2011-03-24 20:56 | dairy
my baby is back!
やっと修理を終えて車が帰ってきました。
ひと月近く代車だったので、なんだか変な感じ。
燃費は代車の方が良かったかな。

でもオオモノが乗るので、
今週末、富良野でのワークショップには活躍してくれそう。

もう3月も終わりますね。
ああ、なんと時間がたつのが早いんだろう!
[PR]
by izuminohanashi | 2011-03-23 21:39 | dairy
4th bridge over the troubled water.
みなさんは、無事ですか?
今日は、釧路はけっこう揺れました。
ぼくの居室は7階なので、そのせいかなと思いつつ、
iMacの首が折れそうなのを気にしながら、論文の目次を書いてました。
テレビを見て、あの水の下に人がいると思うと、胸が悪くなりました。

幣舞橋とか、市の中心部(?)が見えるのですが、いよいよ水が上がってきて、
いつも渡る橋も、通行止めになったようでしたが、20時ごろ学校を出ると、
迂回した橋も水がついて通行止め、結局海から4つ目の橋を渡って帰りました。
途中、ありえないところに水が・・・明らかに雪解け水じゃありません。
海の匂いがいつもより近く、強くにおいました。

先一昨日、大切な人から電話を頂きました。病床からでした。
ここ数年は、大切な人たちがどんどんいなくなるので、
なんだか自分が疫病神のような気がしていましたが、
今日の水を見て、世の無情なことを思いました。

ところで、ここ最近、少し食べ物に気をつけて、早めに横になっているせいか、よく夢を見ます。
そのせいか、張り詰め過ぎていると感じる余裕が出てきました。
もう少し、ゆっくり動いてもいいかなぁ。
今朝は誰かがギターを掻き鳴らして、歌を歌ってくれていたのに、憶えていないなぁ。

ぼくのアパートは、無事でした。
空はめずらしく晴れていて、オリオンがくっきりと見えました。
[PR]
by izuminohanashi | 2011-03-11 23:08 | dairy


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧