富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
an overflow
d0142121_2222540.jpg
うわー、やっぱり調整池が満水になってる~!

d0142121_2224267.jpg
d0142121_2225711.jpg
d0142121_223952.jpg
ゲイマー葡萄園は、まだ壊されてはいなかった。
真夏のこもれびを、防風林のトンネルで楽しむ。

午後遅く、境川に降りると、ありえない所に草が絡まってた。d0142121_2232964.jpg
d0142121_2234231.jpg
d0142121_2235171.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-31 21:59 | dairy
water spring & great valley
ここ数年気になっていた、体の不具合を、
近所の鍼灸師の人に見てもらいに行った。
米軍のキャンプ地のすぐそばだった。
丁寧に見てくださって、結局2時間ぐらい(!)かかった。

水滞と言って、血液以外の体液が滞りがちとのこと。
右足首を中心に、ハリとお灸をしていただいた。

そのツボの名前が、とても印象的だった。
まず水泉、そして大渓、隠白。
(ちなみに、水泉(すいせん)は内踝と踵の間、大渓(たいけい)は内踝とアキレス腱の間、
隠白(いんぱく)は足親指の爪のすぐ横に、それぞれ位置しているのだ)
自分の体に、そんな深山幽谷のような世界があったのか~と感心していると、
先生は、まさにそのとおりで、昔の人は人の体の中に大きな自然を見ていたという。
なにか、ミクロの世界に飛び込む仙人になったような気分。

それと一緒に思い出したのが、
シドニーで会うことができた、アボリジニの指導者/ダンサーとの会話。
bobbyさんというのだけど、ある翻訳された書籍にちょっとだけ紹介されていたのが、
ずっと印象に残っていて、意を決して連絡をしたら会ってくれることになった。
会ってみると、大きな人で、年齢は70近いけど、
舞台に立つ人らしく背筋が伸びてエネルギーに満ち溢れていた。
鷲を思わせる目と、太い声も印象的だった。
そして、初対面の、どこの馬の骨ともわからないぼくを、
一見して信頼して、気前よく開襟してくれているのが伝わった。
それはbobbyさんの静かな自信の顕れとも感じた。
bobbyは彼の人生の物語を分かち合ってくれ、また、その経験から、
内なる水を清らかに保つこと、と彼のいちばん大切な気づきを教えてくれた。
そして、説明せずとも、ぼくの「泉の話」を一瞬で理解し、
「俊、きみも自分の水を見つけたんだね、とても重要なことなんだ。ぼくもうれしいよ」
と言って、彼自身の作った歌を歌って聴かせてくれた。

今日は、そんなことを思い出しながら、
内なる深山幽谷、
内なる水の面倒を見ること、
そしてbobbyの言っていたself respectのことなんかが、
静かにこころに甦る、そんな一日だった。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-28 01:46 | spring in desert
a surprise!
突然の嬉しいサプライズ!
でも、段ボール箱の送り主が、
秋田に住む友人のキーパーだったので、
ひょっとして? とは思ったけれど。
開けてみると、ぷりぷりの野菜たち!

最高のプレゼントでした。
味も方も最高でしたよ~。
味だけじゃなくて、キーパーが畑と過ごした時間もいただいたような気がします。
ありがとう!

写真でおすそ分けです。
d0142121_22143912.jpg
大好物の茗荷。
食べると物忘れするっていうけど、
それは名前から来ているのか、
それとも、逆か、いつも気になっています。

トマト、真っ赤。甘かった!
d0142121_22145422.jpg
d0142121_2215459.jpg
d0142121_22151524.jpg
d0142121_22152568.jpg
お勧めのお品書き付きでした~。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-27 22:08 | dairy
a rainy day
携帯をゲットした。
離れているうちに、かなりサービスがかわったんだなぁ。

選択基準は、安いこと。
プリペイドが安いのかと思ったら、もうそうではなくなってるとのこと。
海外からくる人に分かってもらうのが難しいと店員さんが言っていた。

安さだけではなくて、身近の環境からいって、
softbankに。

でも、willcomが面白いな、と思った。
もし、もうちょっと使うのであれば、たぶんwillcomにしてたと思う。

友達で、日本と韓国の携帯について研究してる人がいるけど、
やっぱり日本は携帯を使っている時間が欧米などに比べて長いと思う。
ぼくはオーストラリアのプリペイド携帯で全然違和感がなかったから、
そこまで必要としてないんだろうなぁ。

5年以上使っているキャンバス地のショルダーバッグに穴があいているので、
鞄屋さんものぞく。
店員さんと意見が一致したので、話に花を咲かせていると、
ビル全体が停電に。
え、雨降ってるの?
と訊くと、
さっきからもう土砂降りとのこと。気付かなかった。
自転車で来ていたので、しばらく様子を見て、
小降りになったところを、川沿いを走って帰った。
まだ雷が光ってた。
行きには、真夏なのにすっかり水質がよくなっていることに感心していた川が、
泥水の濁流になっていた。
橋のところで、暗闇の中、カワトンボを見かけた。
上流から迷ってきたのかな?

普段身につけるものについて、
ものづくりについて、ちょっと考えた一日だった。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-22 01:36 | dairy
mountain scapes
先日、無事、帰国しました。
冬のメルボルンから夏の相模原へ。
首まで熱い湯に浸かること。
味噌汁を毎食食べること。
納豆、醤油、味噌の香り。
そして、蝉の声。
みんなみんな、懐かしく、沁みていきます。
もちろん、家族の元気な姿を毎日見られることも。

さて、今日はご近所のカフェ、ナチュラルさんにお邪魔しています。
「おかえりなさい~」と笑顔に、ほっとした気持ちになりました。
d0142121_14155248.jpg
注文したバナナジュースのように、リッチな気持ちで、
今日は少しブログを更新します。
あっというまに1か月以上、手をつけられないまま過ぎてしまいました。

かなりいろんな経験をしたので、少し整理をしようと、
カテゴリを見直していると、
訪ねた場所の地名を利用しようと思い立ち、
並べてみると、山の風景が広がってきました。
ブログのタイトルとも響き合って、
当座、想像力が刺激されそうです。

更新と言いながら、しばらくはこれまでのことを日付にそって書いていきますので、
過去の日付の記事をチェックしてみてください。
よろしくお願いします。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-19 14:22 | dairy
in search of CERES
tram 96 を北へ終点まで。
d0142121_22531532.jpg
そこから東へ歩く。
エコロジカルで多文化な農と文化を融合させた都市型ファーム(?)。
先日、ぼくの夢に賛同してくれたbyron bayの友人から聞いたCERESを探して。
メルボルンの北郊外って、こんな感じなんだ。
寒いけれど、家々の庭にはもう春の気配を感じる。
さあ、着いた。
d0142121_22535131.jpg
d0142121_2254578.jpg
d0142121_22542147.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-13 22:45 | community arts
city lights
午後は、中央砂漠の先住民コミュニティ、yuendumuで出会ったnikitaと再会。
CBDのど真ん中にあるグラフィティの名所citylights projectのサイトで待ち合わせ。
フェデレーションスクエアの真ん前に、こんな路地があったとは。
高校生あたりに人気らしく、
携帯のカメラで撮りまくっている生徒たちのグループとたくさんすれ違う。
d0142121_02655100.jpg
d0142121_027122.jpg
d0142121_0272993.jpg
d0142121_028655.jpg


d0142121_0274980.jpg
カフェで一服して、その後の近況を報告しあう。
nikitaは、kimbaryでsong lineを歩かせてもらった話をしてくれた。
これは、すごく面白かった。
お互いの夢がかぶる部分もあるので、そんな話も。

地下道にパブリックアートのスペース
platform artists group inc.があるので、
それをざっと見てから、さよなら。
d0142121_029928.jpg
d0142121_0292222.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-12 23:30 | dairy
rainbow
すごい虹を見た。
とりあえず宿が決まったので、
雨の中、近所のスーパーに買い物に行く途中。
雨が止んできて、これは虹が出るかと見上げると
まさに虹が出たとこだった。
d0142121_23161516.jpg
虹はスーパーまでついてきた。
買い物を終えて出てきた人たちも、うわっ、といってびっくりしていた。
d0142121_23171746.jpg
メルボルンは寒いと聞いていたけど、
思ったほどではなかったのでよかった。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-08-10 23:11 | dairy


カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧