富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
on both side of the ocean
Since 10:00, 27th of November, I never stepped outside of the airports... Arriving midnight Haneda and leaving very next morning.
Watching the rising sun and stretching my thoughts on this country's future. What are we gonna do with this land?

27日の朝10時から一歩も空港の外に出ていない。。。
今朝29日朝早く、北上する便待ちの羽田で旭を観る。
どうなるんだろう、この国。

d0142121_6581825.jpg


d0142121_6583416.jpg



On the other side of the ocean. Great view on the way to SFO, near Bolinas bay.
太平洋の反対側、ボリナス湾の近く。27日(昨日)、SFOに向かう道で。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-29 06:59 | dairy
home coming day
d0142121_7233127.jpg


AJA XXV was a home-coming for some of my works that I created or started while I was in LA 12 years ago. At the opening reception I met friends from that time. It felt really a home coming to myself too. Thank you so much for everyone. I am writing this at LAX and leaving soon. (a photo from reception with Oki kun in front of Spring in desert which I was making 12 years ago when I was volunteering with him. )

展示した幾つかの作品は12年前ここで構想したり制作したりしたもの。オープニングレセプションでは、12年前の友人達に会い、ぼく自身にとっても里帰りのような時間でした。感謝の念で一杯です。今しばらくLAXでトランジット後、羽田に向かいます。(写真はおきくんと、LAで制作していた『泉の話』の前で。当時彼とここでボランティアしていました。)
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-28 07:24 | dairy
Jennie's cottage
d0142121_23454784.jpg


良いところだった。良い庭だった。
パッキングは済んで、あとは空港へ移動だけ。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-27 23:46 | dairy
Rulli's coffee
d0142121_23412416.jpg


Rulliのコーヒー。
美味しかった。並々と盛られた泡と差し出す笑顔にちょっと驚いた。
お店の感じも、お客さんの感じもよかった。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-27 23:42 | dairy
bald mountain with jennie & maisy
d0142121_22314494.jpg


ロサンゼルスを出て以降、ビッグサーで一泊し、サンフランシスコ北郊外に。
北カリフォルニアの香気を吸い込んで、また一新しました。

今、朝の5時。
これからパックし直して、ぼちぼち空港まで移動。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-27 22:34 | dairy
tasting liberty in big sur
d0142121_11391238.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-25 11:40 | dairy
thanksgiving
もうすぐ。
もうすぐ 出発。

なのに、何かを忘れてる。
思い出せない。

引越す度に、ものの配置や纏まりが変わる。
イメージしていたものが、全く別の何かと一緒になっていたりする。
モノゴトの重要度が変わっていく。

週一で秘書をやといたい。

もう少し強力なグルーピングで、資料を纏め直す必要があるな。
戻ってきたら、今年の最後の一ヶ月でこれをやろう。



さてさて、出発は明後日。
今日、EMSで重量物、長尺物は全て発送。
係の方がとっても親切で、何度も電話を掛けて、
ちゃんと発送できるように取りはからってくれた。
何でも、中身のチェックが厳しくなっているらしく、
申告とスキャンした中身の整合性がどうとか。
大丈夫そう、と聞いて、本当に安心した。


LAでオープニング・レセプションを迎えた翌日から、
車を借りて北上する予定。
エサレンで一泊し、サンフランシスコを通過、金門橋を渡って、
ジェニーさんに会いに行く。将来の共同創作のために。
コテージが空いているから泊まっていいとのことで。
その後もサンクスギビングまで居ていいと言ってくれたけど、
残念ながら、そうできないな。
サンクスギビングに一人で居る人というのはunthinkableと言っていた。
その強い調子に、ぼくは笑ってしまう。
異人も歓待して、感謝する日。成熟した家族やコミュニティを感じる。
またホリデイの意味も。聖なる日は、家族の日かな。
世紀を超えて旅をする、世代を超えて旅をする、その何者かを思い出す日かな。
イスラエルのキブツに滞在した時も、孤児や若者を預かる習慣があると言っていたな。
これは、エグザイルの中で保持された知恵なのかも。サンクスギビングも、
開拓時代の苦労が忍ばれる習慣なのかもしれない。

thanksgiving、最近読み込んでいるsacred economicsの議論と重なる。
大変な変革の時代に生まれてきたなと思う。
でも60年やそこら生きるということは、そう言うことなのかもしれない。
生誕ということ、存在ということ自体がギフトだと言う。
だから基本的な感情は感謝だと。
有り余るほどあるものを、自分だけのものにしようとは思わない。
例えば空気。

そういえば、今朝の夢に、両親が出た。
なぜかぼくの家の天井に飾り物をつけていて、
素晴らしく落ち着いた、優しい笑顔でじっとこちらを見つめていた。
なにか、とてつもないものを感じた。
二人の調和とくつろぎがしみ込んできて、ぼくは何かを思い出しそうになる。
年末まで、これまでにない忙しさだが、
断続的にこうした夢を見ている。
何かが底の方で動いている感じ。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-12 23:50 | dairy
make it sacred, back to where we began!
We've all been given a gift, the gift of life
- what we do with our lives is our gift back.

-Edo


Sacred Economics with Charles Eisenstein - A Short Filmより





Wow! This is really inspiring! Actually reminds me of where I was 10 years ago, makes me feel that I should return there. Definitely going to read the whole text!

Facebookで友人から教えてもらった。

聖なる経済学 #keizai - 感謝とギフトの経済へ- Charles Eisenstein

日本版
http://p-amateras.com/project/29/editorcomment

オリジナル

Sacred Economics with Charles Eisenstein - A Short Film
Published on 1 Mar 2012

http://www.youtube.com/watch?v=EEZkQv25uEs

Directed by Ian MacKenzie http://ianmack.com
Produced by Velcrow Ripper, Gregg Hill, Ian MacKenzie
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-02 21:17 | dairy
never enjoyed autumn leaves this much in hokkaido before!
d0142121_20483638.jpg


沖縄からのゲストを伴って、札幌郊外の堀田さん宅「森の広場」に一泊。
翌朝、隣の「森林研究所」を散策。ものスゴい紅葉だった。
北海道の紅葉ってちゃんとあったんだ。。。
これまで、どこが? いつ? って感じで終わってたから。

2人を新千歳空港に送り届けて、釧路への帰り道、
紅葉の森の上に出た虹を横目に見ながらのドライブ。

中央山脈を越えて、急に色がなくなる。
そうか、東では、秋が十分展開するまえに冬になってたんだネ。知らなかった。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-02 20:53 | dairy
mesmeric kayaking again
釧路湿原川下り,行ってきました〜!
これまでになく満水でビックリ。カヌーポートが完全に水面下に消えてた。お陰で知らない水路がたくさん出来てて,寄り道が面白かった。

穏やかで暖かく,水面が鏡みたいだったな。カヤック組み立て中にカラスに朝食のオニギリを盗まれるというハプニングも。でも途中,ヤマブドウ捥いで食べれたからいっか。

Another mesmeric kayaking through the wetland. The water was really high and created new pathways. I had my breakfast stolen by a crow while assembling kayaks! But got wild berries in return along the way!

d0142121_20431794.jpg

d0142121_20432882.jpg

d0142121_20435488.jpg

d0142121_2044115.jpg

d0142121_20442650.jpg



ああ、はやくヤマブドウ漬けなきゃ。ラム酒に漬けようかな。
[PR]
by izuminohanashi | 2013-11-02 20:46 | swimming men's cave


カテゴリ
全体
Monte Verità
dairy
heart mountain
mount Akan
mauna kea/mauna loa
blue mountains
mount borradaile
mount theo
broken hill
pika's mounrtain
lone pine mural
swimming men's cave
community arts
dreamings
lost world of Sagami
spring in desert
profile
未分類
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧