富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Iris, wild.
d0142121_22572393.jpg



体がなまっているし、今日は天気も良かったので、湿原の木道にいってきた。

この間あるいたとき咲いていた花はもう見当たらなくて、
新しいものが出ていた。

綿菅がのんびりと風に揺られているものいいし、
奇跡のような燕子花の花びらに触れるのも心地よかった。


d0142121_22574642.jpg



草の葉の流れも清々しい。
そしてハンノキの幹が木漏れ日の中を赤みを帯びて並んでいるのを眺めるのもいい。
帰り道、輝く虫が潰されてパズルのようになっていた。
元の形を想像することは出来なかった。
d0142121_225841.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-30 23:07 | dairy
20000 km
d0142121_22452263.jpg


今日、カウンターが20000キロに達した。
遠乗りは夏の間だけとはいえ、2年半でこれは結構走った方ではないかな。

来週からまた沖縄。楽しみ。
羨ましいのは、クリエイティブな人たちがたくさん集まっていること。
本島って国後島ぐらいしかない。釧路と帯広の間にすっぽり入る。
思い立ってやって来た人も、ちゃんと居場所を見つけてる。

北海道。広すぎる。
会いたい人には、何時間もアクセルを踏み続けないと会えない。
でも、最近、それが良いかなって思っている。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-30 22:55 | dairy
a wondering storyteller
お知らせです。

7月10日(火)に、沖縄県立芸術大学でレクチャーします。

現代アート研究会・沖縄 vol.2「美術と物語について――富田俊明の作品から」

ゲスト講師:富田俊明(美術家)
聞き手:土屋誠一(沖縄県立芸術大学講師)

開催概要:日本国内および海外を飛び回りつつ、制作活動を行うアーティスト、富田俊明。富田の作品は、他者との親密なコミュニケーションから発生するイメージや物語をかたちにすることで、鑑賞者に対して、想像力を羽ばたかせることを促します。この「対話」することを重視した作品制作のプロセスには、閉じた主体としての「作家」という古典的モデルを脱し、人間相互のコミュニケーションの過程から発生する想像力それ自体を、「作品」として捉えるという態度が窺えるでしょう。富田の制作における「物語」とはどのような位相にあるか、また、彼の「物語」は「美術作品」とどのようなかかわりを持つのか、作家自身の声に耳を傾けることで、その問いの在り処の一端を見出すことができることでしょう。

日時:2012年7月10日(火) 18:30~20:00
会場:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 一般教育棟3階 大講義室
入場料:無料(どなたでもご入場いただけます)
連絡先:沖縄県立芸術大学 土屋研究室  tel:098-882-5026  e-mail:tsuchiya(at)okigei.ac.jp
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-30 22:44 | dairy
sksksk
d0142121_1423045.jpg

skskトーク01、楽しかったです。
沖縄には学生時代から何度も足を運んでいますが、
自分の作品の話をしたのは、これが初めてだったなあ、と今日気がつきました。
企画してくれた石垣克子さんと、沖縄に呼んでくれた上村豊さんには、
本当にありがたいなあと思いました。
集まって話を聴いてくれた人たちにも、本当にありがとうございました。
石垣さんが、トークの様子をブログで紹介してくれています。
(ぼくはなんか眠そうな顔をしているな)

写真は、トークの予定メモを見せてくれている石垣さん。
場所は、事前の打ち合わせをした、コザのペルー料理屋さん。
どうも、ペルー移民された日系の方がやっていらっしゃるとお見受けしました。
素朴な家庭料理の感じで、懐かしいような気がしました。ちょっとお話聞いてみたかったな。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-22 01:50 | dairy
just see this and then I'll go
d0142121_1302379.jpg

台風をどこかで追い越して、沖縄から釧路に戻ってきた。
途中、眼下に相模湾を見た。
だんだんと、寄らずに通り過ぎる場所になって来ている。
生まれ育ったこの場所との関係は、今後どうなっていくんだろう。
d0142121_1304082.jpg



釧路に降りる前、機内の放送は、気温は9度だと言っていた。
寒い。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-22 01:37 | dairy
father's day
d0142121_1494088.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-18 14:10 | dairy
with many friends
d0142121_13525765.jpg


skskトーク、おかげさまで無事終わりました。
たくさんのお客さん、そして交流会は午前3時まで続きましたね。

久々にまとめて自分の作品の話をしました。
毎回、場に合わせて何にフォーカスを当てるかを考えます。
1時間で話しきると豪語したけど、結局2時間かかってしまった点、反省。
でも、後半、沖縄と北海道で、若手の美術家が交流する可能性をPRできたのは良かったと思う。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-18 14:08 | dairy
sksk talk.
d0142121_227116.jpg


明後日6月16日(土) 午後19:00〜
友人のアーティスト石垣克子さんのスペースskskでトークをすることになりました。
場所は沖縄、コザ。

というわけで、一昨日から、沖縄に来ています。
あいにくの梅雨ですが、ぼくは過ごしやすいと感じてます。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-14 22:35 | dairy
12th of June, 2012
d0142121_23482314.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-13 23:49 | dairy
Segway for suits only!
d0142121_2337823.jpg

d0142121_23382367.jpg


d0142121_23384854.jpg


セグウェイはスーツの人専用!
いやいや、まさか。
あまりにも変な風景だったので激写してしまった。
「とかち1000年の森」での北海道ガーデンショウのオープニングレセプションに行って来た。
その時の一コマ。セレモニーに集まったお偉いさんお歴々が最初独占的に乗ってただけ。

セグウェイ、普段は2時間コースで8000円(だったかな?)。
高くて乗らないけど、この日は無料で試乗できた。
10分程度だけど、ものすごく面白かった。8000円出しても2時間乗りたいと思った。

インストラクターの人が、バック走行禁止、と言ってたけど、
ぼくは小声で「スーツも禁止!」と言ってた。
だってやっぱり楽しそうじゃないんだもん。
見かけは面白いけど。
[PR]
by izuminohanashi | 2012-06-13 23:45 | dairy


カテゴリ
全体
Monte Verità
dairy
heart mountain
mount Akan
mauna kea/mauna loa
blue mountains
mount borradaile
mount theo
broken hill
pika's mounrtain
lone pine mural
swimming men's cave
community arts
dreamings
lost world of Sagami
spring in desert
profile
未分類
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧