富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
took a step further
今日は、古道をもっと先まで歩いてきました。
いや~、ほんとにこんなところが身近にあったのか~、って感じでした。
う~む。
古くからいらっしゃる方が多い場所と見受けます。
舗装された通りに出ても、雰囲気が違いました。
まるで別の街にいるみたい。
そこから駅前に戻ってくる道すがら、
旧家のお屋敷や巨木の木陰から、密集した住宅地、そしてその向こうに高層マンション、
といった具合に、それぞれの場所が経験してきた近代と現代を感じました。

駅前のミスドのいつもの席につくと、
おじいさんやおばあさんの姿が目につき、
ひょっとしたらあの旧家に縁のあるかただったりするのかナ、とか不思議に思いました。
隣席に、以前も見かけたことのあるおばあさんがひとりで、さびしそうにコーヒーを啜っていて、
最近はおばさんやおばあさんを見かけると母のことを思ってしまうので、
この人もひとりでさびしいのかナ、友達とかいないのかナ~、
と思っていたら、話しかけられちゃいました。
もっと話し相手になってあげたかったけど、
書きものがあったからナ~。

そういえば、古道から境川にぶち当たったところで、
昨日リュウゾウジの奥さんにいただいたお茶とお菓子を齧っていたら、
散歩のおばあさんと目が合い、なぜか菓子パンとジュースをいただきました。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-25 20:50 | dairy
on the old road
今日こそは、壁の持ち主をつきとめなくちゃ。
リュウゾウジまで来たら、市民ギャラリーのYさんにばったり。
先日相談した件で、下見に来てくれていたみたいでした。
うれしいなー。
20年ほど前にこのあたりの古道の調査をされていたみたいで、
とっても詳しい方です。

Yさんのお陰で、リュウゾウジの奥さんにもお会いできました。
やっぱり、地元の方は、あの壁の出現に衝撃を受けていらっしゃるみたいで、
あの場所の地元の方にとっての意味が、改めて実感されます。
「泉の話」から続く、いろいろな思いと、
奥さんの地元を愛する気持ちはどこか通じていて、
KCBACスゴクいいと思う、って背中を押されました。
うん、今後、壁が使えるようになったら、次のステップは、
問題なく進んで行けそう。

Yさんと別れた後、古道を一人で歩いてみました。
こんなに近くに住んでいたのに、よく分かっていなかった。
こんなところがあったんだ!
不思議な気持ちになりました。
素敵なところです。
一本松は破壊されたけど、ここにはまだ残されたものがある。
d0142121_17554753.jpg

KCBACとして考えていた当初のプロジェクトから、
派生的にやるべきことが次々と出てきそうです。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-24 17:56 | community arts
it's a long way
今日はバナナの葉の笠をかぶって、出かけました。
大きいし軽くて、強烈な日差しをしっかり遮ってくれて、風通しも良く、
通りすがりの人たちも変な眼で見るので、
とても気分がよかったです、ハハハ。

市史編纂室に、「泉の話」でお世話になったK先生をおたずねしました。
懐かしかった~。お元気そうで、うれしかった。
単に知識豊かというだけではなく、スピリットを感じました。
8年前と同じ。そして、ぼくはこのスピリットを受け継いでいこうと思っている。
このKCBACは、そういうプロジェクトですね。それを改めて確信しました。
全てが統合されてくる感じがします。
先日お会いした市民ギャラリーのYさんたちとも、通じるところがありました。
そしてまた、何より、母、そして母の父、母の従妹など、ぼくの受け継ぐ豊かな遺産も、
そのつながりがまた改めて強く感じられるようになってきた。
一人じゃないんだと感じます。

だんだん、道は繋がって、もうすぐ、地表にもあらわれてくるでしょう。
去年、触れることができたアボリジニの人たちのsong line(歌の道)ではないですけれど、
道というのは、二本足歩行をする人間にとって根源的な意味を持つトポスだと思います。
そこに届いて行くようなプロジェクトにしたいです。

今日はまた喫茶ナチュラルに行って、いろいろと書き物をしようと思っていたのですが、
そのまえにちょっと寄ろうと思ったギャラリーVのオープニングで、捕まってしまいました。
これがいわゆるドメスティックなアート・シーンてやつですね。
いやしかし、相模原には相当の数の美術家がいるんですね。
知りませんでした。去年滞在したレジデンスBHAEの最初のプロジェクトじゃないけれど、
ここらへんにもぼくがやれることがありそうです。

さて、KCBAC最初のプロジェクトは、古の道と繋がる道程を歩み始めました。
プロジェクトは、もう始まっています。
これは、直線的に形に向かっているわけではありません。
道の上で、気持の通い合う方々との出会いこそが、
道にあるということの豊饒さなんですから。
ギャラリーVで再会したKさんが頻りと言っていた、出会っていいよね、って言葉を思い出しました。
出会いには別れが必ず手を取り合ってついてくるものですが、
今は出会いの喜びを嚙み締めていよう。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-24 00:42 | community arts
at natural
d0142121_0505111.jpg

今日も、ナチュラルにお邪魔しました。
KCBACのために、名刺を作って、
最初のプロジェクトのために、誰にどんな風に話を持って行ったらいいか、
など、マスターに聞いていただいて、またひとつ、見えてきました。
突破口は、意外と近くにあるように思われます。
明日は、これを叩いてみよう。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-20 00:51 | dairy
open sesame
KCBAC最初のプロジェクトの候補地に行って来ました。
工事の覆いが取られたのは初めて見た。
うん、悪くない。
d0142121_118754.jpg

d0142121_1181410.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-18 23:11 | community arts
May Flowers
d0142121_16463090.jpg

d0142121_16463920.jpg

今日は、ちょっとショックでした。
八重のクレマチス、メインの枝が枯れあがってる。
水が切れたかナ。
時々、用のついでに面倒みるだけなので、ショウガナイかナー。

ミニバラは無事でしたけど。
d0142121_164705.jpg

d0142121_1647852.jpg

d0142121_16471579.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-15 16:48 | dairy
a May afternoon
今日も喫茶ナチュラルです。
肌寒いくらいですが、かえって清々しいですね。
d0142121_16422673.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-15 16:43 | dairy
The scent of Agarwood
昨夕は、たくさん、懐かしい顔に会いました。
会場は、セルバンテス文化センター東京。
みんな見つけて声をかけてくれました。
ぼくのアタマは目立つらしいですね。便利。

真っ先にお悔やみを言ってくれる友人たちは、
どこかで話題にして気にかけてくれてたってことで、
なんだかあったかみを感じました。
Mちゃんから、忘れないうちに、とお土産の紙袋を受け取りました。
「伽羅」が入っていた。
仕事で草臥れたりツライ時に、よく彼女が点てていたお香。
そういえば、車も伽羅の香りだった(笑)。
彼女だって大変だったのに。
私はもう49日は過ぎたからいいの、といって、ワインを堪能してた。
顔色がよくなってて、よかったです。d0142121_16494649.jpg
ところで、セルバンテス文化センター東京。
そういうものが東京にあるって知らなかったのだけど、
あとから聞いたんですが、去年できたらしいです。
スペイン政府の設立で、スペイン語とスペイン語圏の文化の普及がミッションのセンター。
J-AIR(日本のアーティスト・イン・レジデンスのネットワーク)のオープンフォーラムで、
Mちゃんや、レジデンスでお世話になった人などが、
プレゼンやディスカッションのパネラーだったので、久々に東京に。
パネル・ディスカッションでは、早々に会場との対話に切り替えるあたり、さすがマリオさん。
と思っている間に、ご指名されてしまったのには、びっくり。
Hさんの目線で行くよってサインを無視してたのに! やっぱりキタ。

文化センター2階にはギャラリーがあり、写真家の展覧会のオープニング。
パーティーは7階のレストラン(ものすご立派なのがある!)、
スペイン・ワインとパエージャに群がるみんな。。。
ワインは遠慮したけど、パエージャはすごい迫力だった。
みんな、美味しかったと喜んでたナ。

Sさんに聞いたんだけど、シドニーの日本大使館では、
一般向けの文化施設は小さな図書館しかないらしい。
たぶん、日本の外交ってどこもそんなんなのかナ。
文化をツールとして使いこなせていない日本は、
エコノミックアニマルと言われてもしょうがないよネ。

まあ、それはそれ、
あとは、気のおけない仲間と、2次会?
でも、さっきコーヒーとドルチェが出なかったから喫茶店に行こう、なんて、
遅れてきてパエージャを楽しみ損ねたIくんのために、イタリアンに入ったけど、
みんなと過ごせればどこでもいい、って感じで、よかったです。
みんながんばってるナー。
また近いうちに会いたいです。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-15 08:46 | dairy
I'm so lucky to be me!
カフェのラジオから、こんなフレーズが聴こえてくる。
すっごく気になるので、
タイトルにしてアップしちゃった。

うん、たしかに、そうかもしれない。
自分自身でいられる、なんて、これほど幸運なことはないよネ。
私は今の私でよかった! なんて思えるなんてことは。
[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-13 18:12 | dairy
on a May afternoon
またまた喫茶ナチュラルに来ています。
d0142121_1792314.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2009-05-13 17:10 | dairy


カテゴリ
全体
Monte Verità
dairy
heart mountain
mount Akan
mauna kea/mauna loa
blue mountains
mount borradaile
mount theo
broken hill
pika's mounrtain
lone pine mural
swimming men's cave
community arts
dreamings
lost world of Sagami
spring in desert
profile
未分類
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧