富田俊明の日記
by izuminohanashi
<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
flying futon
フトンがふっ飛んだ

と思わずつぶやいた。
干してたフトンを取りに行ったら、
下の道路の反対側に落ちていた。
風が強かったけど、フトンがふっ飛ぶって本当だったんだ。 
写真とっとけばよかったな。
思い立って、websiteの製作に取り掛かる。
(フトンがふっ飛んだのとは関係ないけど)。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-25 23:26 | dairy
candle night
蜜蝋でローソクを作りました。d0142121_2258391.jpg
蜜蝋は湯煎して、粘土のように捏ねて作る簡単なやり方で・・・
d0142121_22582558.jpg
d0142121_22591587.jpg
d0142121_22592476.jpg
美味しそう(オイオイ)!d0142121_2301657.jpg
みんなちがってて、おもしろいナ。
d0142121_231219.jpg

d0142121_2313061.jpg

優しい味のカレーでした。
久しぶりに会う人ばかりで、懐かしい、
楽しいキャンドル・ナイト。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-21 23:05 | dairy
the night road should be good
d0142121_14154633.jpg
d0142121_14155430.jpg
先日、お礼にとこんなお菓子をいただいた。
掃除、洗濯、料理などひととおり終わり、ふと、アレ開けてみようかなと。
すると、思いがけない、野趣溢れる姿にびっくり。
丁寧な包みを解いていると、なにか、お礼の気持ちが伝わってくるような気がした。
d0142121_14163394.jpg

d0142121_1416413.jpg

金沢っていいナァ。こういういいものがあるんだもの。
羊羹ですが、竹皮の目が入って、本当に野性的な感じ。
お味は・・・、餡にも栗が練り込まれていて、
今まで食べたことのない風味。
贅沢だナー、ととてもいい気分になりました。
甘みもおさえてあって、ほっと落ち着く味。
最近、ストレスから甘いものを食べがちで、それに疲れていたぼくとしては、
本当に癒される気がいたしました。
良寛の詩がお菓子の名前になってるんですねぇ。
包み紙の裏書きの文言にも品があります。

ちなみに、the night road should be goodは、
『英語で読む万葉集』(リービ英雄著)に取り上げられている
 天の原 振りさけ見れば 白真弓 張りて 懸けたり 夜道は吉けむ
の訳から。
月が明るいから、夜道を行くのはよろしいだろう・・・
山道は栗の毬が多いから、月を待って帰りなさい・・・
今晩の月はどんなかナ。

さて、今晩は、喫茶ナチュラルでキャンドルナイト。
そして、蜜蝋ローソクのワークショップです。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-21 14:25 | dairy
look up when you are walking
d0142121_1463995.jpg

[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-18 14:05 | dairy
beeswax candle
お知らせを書いてたら、ふと作ろうって気になって、
作ってみた。
灯してみた。
とりあえず形は適当で。
d0142121_212303.jpg

点きました。
明るさは、芯の太さによるかもしんない。
最初は心もとない明るさだったけど、
だんだん、明るくなってきた。
d0142121_2124448.jpg

d0142121_2125287.jpg

消したあと、ふわっと甘い蜜の香りが広がった。
これ、ずっと灯してたら、部屋がこの香りになって、よく眠れるかも知んないナ。
今度試してみよう。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-16 21:03 | dairy
the candle night coming soon
火曜日のこの時間が来ると、ちょっとほっとします。
月火金とやっているバイトがひと段落するから。
接客は初めてではないけど、スッゴイ疲れます。

立ち仕事ってだけじゃなく、精神的にグッタリ来るので、
砂糖断ちをしたかったけど、帰り途はついつい甘いものに手が出てしまって困ります。
職場ははっきりは言えないけど、世の中のお金が集まるところ。
ぼくが行ってるお店は富裕層が多いエリアということだけど、
まったくいろんな方がいらっしゃいます。

これまでいろんなところで働いたし、いろんな所に旅して、
他の人に比べて多様な人に出会ってきているはずだけど、
それでもびっくりするようなことが沢山。(良く言えば)新鮮です。

こういう場所にいると、

   お金をたくさん持っている=良い待遇

みたいなメンタリティが客と店双方にあるような気もします。
今流通しているぼくたちのお金ってものは、たくさん集めて長くキープするほどに力が強くなるようにデザインされているので、ぼくたちの考え方感じ方や行動様式はこのお金のあり方の影響をすごく受けています。
もっと違うお金(長く持っているとドンドン価値が下がってきちゃう、とか、今のお金と真逆)
もあったのだけど、権力者に壊滅させられました。
(ちなみにこの別のシステムを採用したスイスの片田舎は、どんなときでも経済が活性化していたそうです。今の不況はまったく私たちのお金のあり方を考えさせますね)。

ずいぶん前に買った“働き方研究”の本に面白いことが書いてありました。
私たちは、スーパーに野菜を買いに行くように、会社に仕事を買いに行ってるのではないか?
満員電車を我慢してまで毎日通勤するのは、「会社員」という肩書を買うため、
そしてその対価は、私たちの時間=命ではないのか、と。
ちょっとドキッとしましたね。
でも、これってサラリーマンに限ったことじゃない。
神様にお祈りするのだって、かなえてくれたら〇〇します、とか、
必ず対価を要求する癖がついているかも。

そういえば、Vipassana瞑想のコースでも、仕事の意味と影響を考えなさいと言っていた。
結果として人や環境を傷つけたり不幸にしたりする仕事かどうか、よく見なさいと。
対価としてのお金のことだけしか見えなくなると、本当は自分は何をやっているのかわからなくなりますよね。

学生の頃、友達がある日、うつむき加減にこんなことをつぶやきました。
「実は、うちの実家、地雷を作る工場をやってるんだ・・・。」
日本に地雷を作ってる会社があるとは驚きでしたが、ちょうど東南アジアや中東の地雷が問題になっている時期で、彼にとっては、これまでの自分自身と家族の生活が、どんな犠牲の上に成り立っているか、ナカナカつらい現実だったのでしょう。

地雷と言えば、いつもお世話になっている古淵のカフェ・ナチュラルにて、
今度の日曜日21日にチャリティ・キャンドル・ナイトが開催されます。
売上金の一部は、クラスタ-爆弾・地雷廃絶運動を行っているNGOに寄付されるということです。
時間は20時から。お気に入りのキャンドルを持っていらしてください、とのこと。
ちなみに、19時からの蜜蝋キャンドルのワークショップを担当させていただくことになりました。
山口県の秋吉台国際芸術村に滞在したとき、
養蜂家の方の取材をさせていただいてたんですが、
そこで分けていただいた100%天然の蜜蝋でつくります。
この週末、温めては小分けにして準備してたんですが、
粘土のようで触っていて楽しいし、
花のような香りで癒されました。
当日は、ナチュラルのスペシャル・カレーってことなんで、
蜜蝋キャンドルの香りがどこまでするかは分かりませんが(笑)。
チャリティということなので、ワークショップの方も売上を、
いま病気で苦しんでいる大切な友人に送りたいと思っています。

喫茶ナチュラル
11:00 - 22:00 (月曜定休)
〒229-0004
神奈川県相模原市古淵2-3-33
042-756-4919
チャリティ・キャンドル・ナイト12月21日(日) 20:00~22:00
ワークショップ(19:00~)は要予約です。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-16 18:52 | dairy
copy cats!
今朝は何となく気分が重いんで、
駅まで少々のんびり歩いていたら、やっぱりいつもの電車を逃してしまい、
バイト先についたのはギリギリだった。

スニーカーを履きかえてネクタイをしめていると、
今日はトップの人が来るということで、支店がピリピリしてたのを思い出し、
あわてて行ってみると・・・

みんなビシッと輪になって、
トップの人のお話を拝聴している最中。
いっけね~、と輪には入らず人影に紛れていると、

おっと~、みんな手帳を出してメモっているじゃあないですか!
全員だよ。一人残らず。ヒエ~。
よく聞いてみれば、別にメモるような話じゃないのに、
全員ペンを動かしている。
ひょっとしてイロハ歌でも書いてるんじゃないの?
質問なんかしようものなら、つまみ出されそう。
いや~、日本を見た、って感じだったナ~。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-12 19:16 | dairy
in serch of...
今年はいろんな場所へ出かけてユニークな体験をしてきたということで、
KIDIでレクチャーをする機会をいただいた。
準備が間に合わず、膨大な写真を選びきれなくて、
なんだかまとまりのない話になってしまったけれど、
学生のみんな、最後まで聴いてくれてありがとう。
KIDIの先生方もこのような機会をありがとうございました。

ほんとに恥ずかしいんだけど、
1時間の予定が3時間に。
学期末の忙しい時期に、
重ね重ね申し訳ない。

デザインとアートで分野は違うかもしれないが、
ぼくがこれまで問いかけてきた、芸術と文化のもう一つの広がりの豊かさ。
伝わったかな~。
ぼくがこの1年得てきたインスピレーションの一部でも受け取ってくれたら。

この準備していて、この一年いい体験をさせてもらったナと改めて感謝した次第。
d0142121_1354828.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-10 12:59 | dairy
it's delicious!
d0142121_12564097.jpg

先日古淵まで来てくれたIさん。
湘南土産の「湘南タコせんべい」。
なかなか素敵なピンクのパッケージ。
お味の方は、食べだしたら止まらない危険な美味しさで、
あっという間に完食。
多謝多謝~。

ところで、相模原の銘菓とかってあるのかな?
デイダラボッチの「足万十」とかかナ。
[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-08 23:57 | dairy
docomo dake?
知人のお嬢さんIさんが美大を受けるので、作品を見てアドヴァイスをということだったので、
古淵のカフェ・ナチュラルにお邪魔して(6時間!)、
ドローイングを中心に見せてもらった。

とても独自な発想を持っている人で、
それをもっと楽しんで追及したら、さらにいい感じになりそう。
がんばって! Iさん!

それにしても、やっぱり絵っていいなって、改めて思ってしまった。
ぼくにとってもいい機会だったナ。

おなかが減ったので、メニューから、Iさんは「ビーフカレーのココット」を注文。
登場したモノに、思わず「おお!」と声を上げちゃった!
ナチュラルのtetsuさんいわく、「ドコモダケみたいでしょう?」
確かに~(笑)。
Iさんいはく、「とっても美味しい!」
ぼくも今度食べてみようっと!
d0142121_12504641.jpg


[PR]
by izuminohanashi | 2008-12-07 23:35 | dairy


カテゴリ
全体
Monte Verità
dairy
heart mountain
mount Akan
mauna kea/mauna loa
blue mountains
mount borradaile
mount theo
broken hill
pika's mounrtain
lone pine mural
swimming men's cave
community arts
dreamings
lost world of Sagami
spring in desert
profile
未分類
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
久しぶりにお知らせ
from なちゅフォト
一本松跡地
from Silentdays
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧